シティコネクションを久しぶりに遊んで成長を実感した件

何気なくプレイ

なんとなくNintendo Switch Onlineのファミコンのソフトを眺めていたら「シティコネクション」に目がとまったので遊びました。

こんなゲームです

このゲームは横スクロールの画面で車を操作するものでステージ内の全ての道を走る(青→白)にしたらクリアになるというものです。

左右に移動したりジャンプしたりできます。
方向転換直後はジャンプできなくなるという仕様あり。

ステージは縦に4段の構成になっていて、道の切れ目で下に降りたりジャンプして上にのぼったりします。
横長のステージになっていて、ある程度走っていくとループします。

主人公はパトカーに追われていて、パトカーに接触したらアウトです。
パトカーをやっつける方法として、道に落ちているオレンジ色のオイル缶を拾っておいて、パトカーに発射するということができます。

適当にやってみたらできた

で、このゲームについては思い出があります。
うちにはゲーム機がずっと無くて、ある時にやっとファミコンを買ってもらえました。

そのときになぜか親戚のおじさんからソフトを何本ももらえました。
たぶん、もう遊びつくしたんだと思いますが、それにしても太っ腹でした。
……で、その中の一つがシティコネクションでした。

そんなわけで、子どもながらにやってみるわけですがこれがまた難しいんです。

道路を全て塗りつぶす、というだけなんですけども、道路の端を塗るのが難しい。
下の段に落ちる前提で走っていけば最後まで塗れますけども、下の段から上の段にジャンプで上がるのが地味に難しい。

上の段にジャンプすると着地点のあたりにちょうどお邪魔キャラクターのネコが出現していたりして……。
※ネコにあたると「ネコふんじゃった」の音楽が流れてミスになります。

そんなわけで、いつも1面ばかり遊んでたまに2面に進めるといった感じでした。

……そんな感じだったので、久しぶりにやってみたらどうかな?と思っていたのですけども、なんかやってみたら楽々ステージクリアできたのでした。

……アレ?と言う感じでなんというか拍子抜けしました。

どうも私はあのころと比べるとゲームがうまくなったらしい。

道中で拾うオイルも、当時は10個とかストックできるのはまれだった気がするのですけども今は45個とかまでたまったりもしました。

うーん、著しい成長。

次々にステージを進んでいくことができて、いつもと違う背景の画面でプレイできました。
(結局ネコにぶつかったりはしましたが)

これ、今ならエンディングも見る事できるんじゃない?!

って思って、気合入れてやったところ全6ステージクリアしまして、やった!!と思ったもののエンディングとかは無くてすぐに2周目(ステージの形が違う)が始まりましたけども、とにかく自分の成長がすごい。

このゲームばかりやり続けて今に至ったわけではないですけども、なんとなくいつも同じ段にいるとお邪魔が増えてきて危ないとか、上にのぼるのは大変だから上から塗りつぶした方がいいとか、そういったプレイの方針というか攻略法が自然と考えられるようになっていることを実感しました。

いろいろな(ゲームの)経験が生きていると思います。

まとめ

というわけで、今はできないことでも、それをやり続けていたり、あるいは似たようなことをやり続けているとうまくできるようになるのかなと思いました。

なんか自信が出た。

そんな前向きな気持ちを勝手に抱いたわけですが、それにしてもシティコネクションってルールも操作もわかりやすくて面白いゲームだなと思いました。(音楽とか背景もいいです)

こういうゲームを「はじめてゲームプログラミング」で作れたらいいなと思いました。

おわり。

ゲーム
prinkuma

インドア派のprinkuma(プリンクマ)です。
何かありましたら、記事下のコメント欄またはtwitter(@mo3ore)へDMをお願いします。

prinkumaをフォローする
模索する俺たち

コメント

タイトルとURLをコピーしました