寒いのでお湯を飲み始めた件

めちゃくちゃ寒い

冬、まだ終わりませんね。

どこで何していてもまず寒いです。

私、あまりはっきり書いていないんですけど仕事してるんですけど、その仕事中がやたらと寒い。

暖かくして過ごしたいよ……と思っていたんですけども、周りをよく見てみたらお湯は飲み放題の職場ということだということに今さら気付いたのでお湯でやっていくことにしました。

ホントはコーヒーとか飲みたいんですけども、カフェイン飲むと目が覚めるけど調子悪くなるっていうのと、毎回コーヒー作ってる余裕があまりないのでストレートなお湯にしました。

これっていわゆる「白湯」とも呼ばれますが、白湯っていうと健康とか美容にちゃんと気を使っている人が飲む飲み物になります(というイメージがある)。
その点、私は気を使っていないので、私が飲めばこの世の全ての白湯は単なるHot water、すなわち「お湯」になります。
あらゆる白湯をお湯に還すスキルを発動――

タンブラー買いました

で、お湯を飲みながら何かするとどういうリスクがあるかというと、お湯を入れた容器を倒してぶちまけるリスクがあります。
私の場合やらかす自信がかなりあります!おまかせください!

なので、小容量でいいのでフタがついたタンブラーがないかなと思って探したらちょうどいいのがありました。
Amazonで買える無印良品のステンレスタンブラーです。

無印良品 ステンレスタンブラー 約300ml 38395492
スライド式の蓋が付いているので、自宅や職場で手軽にコーヒーやお茶を楽しめます。

見た目はかなり素材感あるというか、無印といった感じですが容量は300mlとお手頃。

ビスコと比べるとコンパクトさがわかると思います。

中を見てもかなりシンプルですが、洗いやすさがいいです。

このフタは完全に密閉するというものではないので、倒したり逆さにしたりすればこぼれると思います。

しかし、間違って倒したときにすぐ起こせば、フタ無しのカップで倒したときと比べれば被害はかなり抑えられると思います。
これくらいでちょうどいいと思っていたのが見つかったので良かったです。

で、実際にお湯を飲みまくっていますがとても良いですね。
それなりに保温力もあるので使いたてのころは口の中を多少やけどしましたが今は上手に使えるようになってきました。

ブランケットはファンシーなものを使うと心安らぐ

そんなわけで、体内の温かさはお湯で得られるのですけど、実は脚もめちゃくちゃ寒い。
冷え性なのか何なのかわからんのですけど寒いんです。

というわけで、ひざ掛けとしてのブランケットを使っているのですが、今シーズンはファンシーな柄のフワフワの毛布みたいなのを使ってみました。

ちょっと具体的なものを書いてしまうと、タンブラーとの合わせ技で万が一の個人特定につながる恐れがあるのでぼやかしておきます。
だいたい↓こういうのをイメージしていただけるといいと思います。

すみっコぐらし[ボア付き 4way ブランケット]ひざ掛け毛布/もぐらのおうち サンエックス
・さまざまなシーンで使える便利な4wayひざ掛け毛布 ・大判 毛布/膝掛け/ハーフケット/フリース ブランケット/防寒 グッズ ・生活雑貨 寝具 ブランケット おしゃれ 一人暮らし 模様替え サンエックスの大人気キャラクターグッズにまたまた可愛いnewアイテム登場こちらはあったかくて可愛いさまざまなシーンで使える便利な...

とにかく、そういう視覚的にも触覚的にもやさしいのを使ってみているんですけど、これがとにかく心に安らぎを与えてくれます。
見て良し、触って良し、そして暖かい。

今、とにかくヒーヒー言いながらの毎日なのですけど、そこから自分を守るためのバリアになっているといっても過言でもないです。

いつか限界がきたらブランケットを頭からかぶって耳をふさごうと思います。

家のエアコンのうなり

あと、寒いと言えば家のエアコンのうなり具合がなかなか。

暖房がんばるときに結構ビィィィンみたいな感じでうなるのですよね。
しかも夜遅くに帰ってきてから部屋を暖めようとするとこの音なので近所迷惑にならないか心配で心配で。

なので防振ゴムというのを買ってみました。

そしてそれっぽいところに挟んでみました。

その結果、確かに少し落ち着いたような気がする……。

けど、そこまででもなくて、なんでだろうと思ってエアコンを見に行ったら、どうも私のエアコンの場合は室外機本体の中がうるさい気がする。
ちょっと対処方法間違えました。

……で、エアコンいろいろいじっているうちに「電流カット」っていう出力を抑えるモードがあったのですけどもそれやったらだいぶ落ち着きました。

そういえば、洗濯機買った時もうるさかったのでパワーを抑えるモードにしたら落ち着いたことがありました。

電化製品が頑張りすぎるときは入力するパワーを弱めるのがベストのようです。

まとめ

そんな感じで寒い世の中ですが、もうちょいしたらまた暑い夏がやってくるでしょうからもうちょいがんばりましょう。

おわり。

春よ、来い
春よ、来い

コメント

タイトルとURLをコピーしました