シャープのマスクが届いたので使ってみた件

11回目の抽選で購入

というわけで、あのいわゆるシャープマスクが購入できました。

マスクが全然手に入らなくなったあの頃……私は2回目か3回目の抽選から申し込みしていたのですけど、11回目の抽選で購入の権利が来ました。

今、毎週8万人以上に権利が回るらしいですけど、それでもまだ99倍だそうです。

シャープのマスク、第11回の抽選倍率は約99倍に
シャープのマスクの第11回抽選が7月8日に終了した。今回は当選者8万6000人に対して、応募総数は851万5139人だった。倍率は99.01倍となり、第9回の99.84倍に続き、100倍を割った。

私はこれまで、前の年に花粉症用に買ったマスクが残っていたので、それを洗って再利用しまくってきました。

その手元の在庫が少なくなってきましたが、今はお店に行くと普通に買える感じになっているのでそろそろもう1箱買おうかな、と思っていた矢先のことでした。

こういう感じで届きました

マスクピッタリのダンボールでやってきます。
外箱と伝票にはマスクとは書かれていません。

購入手続きをしたら、抽選から1週間目くらいに届きました。

箱を空けるとまずはシンプルな納品明細書が出てきまして、

その下からマスクが出てきました。

段ボール箱から出してみました。

どうしても「SHARP」という記載や「MA-1050」という型番の表示を見るとマスクというよりは何かの機械……、あるいは部品が入っているように感じました。

開封の儀

で、箱の中ですが、25枚ずつのパックが2つ入っているようです。

これがまたご丁寧にパックの中に厚紙が入っています。
重ねたマスクが崩れないようにするためでしょうか。

肝心のマスクはというと、SHARPのロゴが入っていましてブランド物のような雰囲気があります。

SHARPの文字が外側から読めるように使うのでちょっと目立つかな?と思いましたけど、この位置だとそうでもないですね。

マスクというと、やはり長時間つけて耳が痛くならないのかどうかというところが気になります。

このシャープマスクは何やら紐の部分が細めに見えました。
また、若干の光沢がある感じになっています。

つけてみたところ、見た目に反して優しい付け心地でした。

1日使ってみました

つけてみたところ、口とマスクの間の空間が広くて呼吸しやすく感じました。

というのも、マスクの生地が固めでしっかりしているようで、形が崩れにくいみたいです。

ちょっと水を飲もうかなとマスクをずらすようなときにも、マスクを触る度に「へにゃっとしない……!」と感じました。

肝心の耳が痛くなるかどうかですが、朝からつけていてお昼過ぎになったら痛みを感じたのですけど、しっかりとマスクをかけなおしたら痛くなくなってそのまま夜まで大丈夫でした。
お昼ご飯食べた後に、紐が中途半端になっていたみたいです。

そんなマスクですが箱の説明によると、やはり使い捨てであるとのことです。
しかし、どうも不織布マスクを洗って再利用するという習慣がついてしまって捨てづらいですね。いつものよりしっかりしているし……。

恥ずかしながら何回か再利用すると思います。

まとめ

想像通りの良いマスクだと思います。

どうしても頭に浮かんでしまうのがこのマスクのやや高めのお値段ですが、逆に安心感もすごいです。

またコロナウイルスの感染が広まってきているので、頑張っている方に感謝しながら、こちらとしてはマスクや手洗いを引き続き徹底していきます。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました