時々、ご飯の代わりに豆腐を食べてみている件

きっかけはそこに豆腐があったから

ご飯があると思ったらご飯炊くの忘れていて、冷蔵庫を見たら豆腐があったので、ご飯の代わりに豆腐食べることにするか…と思いました。

で、食べてみたらこれはこれでアリじゃね?と思いました。

豆腐リピーター

それ以来、時間がないとか、暑すぎていろいろやるのめんどい、とかっていうときは買ってきたおかず+豆腐という食事にすることが時々あるという今日この頃。

豆腐+もつ煮込みのケース。

これはもつ煮込みに豆腐が入っていてもおかしくないので、よく合いました。

豆腐+サーモンのカルパッチョ+サーモンフライのケース。

鮭好きな私はつい、サーモンがかぶってしまうということもあるんですけど、そういう食卓になったこともありました。

豆腐に合うかどうかというと怪しいですけど、これはこれで。

豆腐+チキン+カツオのケース。

まあこれもこれで。

全体的に、やはりご飯の方が違和感ないんですけど、豆腐ってのもいいかなと思いました。

ご飯の代わりに豆腐を食べるメリット

さて、私がなぜハマっているのかというと…

ご飯炊かなくていいので楽である。

それでいて、あまり高いわけではない(少なくともパックご飯より安い)。

冷たい

この夏には、冷蔵庫に入っていた豆腐っていうのはとてもひんやりしていていいもんです。

これはご飯と比べるとやはり違和感を感じてしまう大きな原因になるかもしれませんけど。

満腹感がある

これは私が買う豆腐のサイズが300gだっていうのが原因ですけど、結構な満腹感があります。

普段は1食でご飯は0.5合くらい食べているので、それと比べると明らかにボリュームがある。

デメリットは…?

そんなわけで、私としては豆腐を食べるということに関してはいいなと思っているんですけど、デメリットがないかとちょっと気になったりしたので調べてみました。

目に見えないところ、すなわち栄養が気になる。

食品成分データベースを見てみよう。

食品成分データベース
食品成分データベースは、食品成分に関するデータをインターネットを通じて提供しているものです。

まず、ご飯ですけど、0.5合を170gとすると、カロリーは286kcal。

一方の豆腐(絹ごし豆腐)300gは、168kcal。

おお、低カロリーである。

っていうか豆腐300g中、268.2gが水分と出ています。すごい潤っているなぁ。

あとは豆腐はたんぱく質が豊富。

その一方で脂質も豊富。あと、炭水化物は1/10という少なさ。

…というわけで、ずいぶん栄養は違うみたいですね。

まとめ

そんなわけで、おそらく栄養面に関しては少し注意が必要だと思うので、食事全てのご飯を豆腐に切り替えるとかは体に負担がありそうな気がします。

しかし、カロリーだけを見るとダイエットとかにはよさそうかもしれない……ですけど、やはりバランスのとれた食生活と適度な運動は大事、という結論になりますね。

適度に食べていこうと思いました。

おわり。

ジオ 付箋 メモ 豆腐一丁 絹ごし 小 TKS-1

ジオ 付箋 メモ 豆腐一丁 絹ごし 小 TKS-1

  • 出版社/メーカー: ジオ
  • メディア: オフィス用品
うまい
prinkuma

インドア派のprinkuma(プリンクマ)です。
何かありましたら、記事下のコメント欄またはtwitter(@mo3ore)へDMをお願いします。

prinkumaをフォローする
模索する俺たち

コメント

タイトルとURLをコピーしました