Switchの「いたずらガチョウがやって来た!」を遊んでみた件

ちょっと前からやりたかったゲーム

Nintendo Switchで遊べるゲームとして「Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜」というゲームがあります。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|Untitled Goose Game 〜いたずらガチョウがやって来た!〜
あなたは平和な村に現れた、名も無い1羽のガチョウです。 ガァ、ガァー!

なにやらガチョウを操作していろいろとやることで進んでいくようなゲームのようなのですが、このガチョウの見た目と、ゲーム全体の穏やかな色使いからこれは私の好きなやつだ!!と思いましてやりたかったのです。

それでもう昨年末にはダウンロード購入していたわけですけど、いろいろと忙しくて(主にリングフィットアドベンチャーとブログのリニューアル作業で)4月になってしまいました。

これまで一切の情報を見ないようにして楽しみしてきたわけで、満を持していよいよプレイという運びになったのでした。

感想

まだ序盤の序盤ですが、いきなり感想を言ってしまうと、「やはり私好み!」という感じで面白かったです!!

どこがどう面白かったのかというと、もうこれは百聞は一見に如かずということで、今回の初プレイをプディングくまみによる実況動画にしてみましたのでこれを見ていただくのが早いかと思います。

で、毎度毎度のご容赦いただきたいところとしては、相変わらずしゃべりがボソボソなのです。
いつも編集するとき自分でびっくりするんですよね……。

しかも今回の動画ではBGMがない区間も多いので、より際立ちます。
部分部分に字幕を入れましたけど、自分でも何と言っているのかわからなくて勘で入れたところもあるくらいです。

……ということで言い訳は以上になります。

よろしければご覧ください。

くまみの「いたずらガチョウがやって来た!」プレイ実況

(この続きは動画にするかどうか考え中です)

感想(画像Ver.)

動画が様々な意味で見づらい方へはこちらの画像でご説明したいと思います。

動画からの切り出しなので、左下にくまみが写り込んでいますが実際にゲームには出てきません。

こんなゲームでした

というわけでまずはタイトル画面から。

日本語に翻訳される前の原題としては「Untitled Goose Game」というところまででしょうか。
「無題のガチョウゲーム」潔いですね。

で、問題のガチョウがこちらです。

このガチョウの形、素晴らしくないですか?!
なんともシンプルな形ながらも曲線で見事に柔らかそうな感じがします。

このガチョウがトコトコ歩き回るわけですから、それだけで十分な癒しになります。

で、ガチョウは、Aボタンでモノをくわえたり、動かしたりすることができます。

Yボタンを押すと「ガァ」と鳴きますが、もちろんそれで会話ができるわけではないので、このモノを動かすなどの行動によりいろいろやっちゃうことになります。

少し行くと、農園がありました。

おじさんもいます。

で、マイナスボタンでToDoリストを見ると、そこにすべきこととしていろいろなミッションが書かれています。

このToDoを達成していくゲームということですね。

ここでは農園の外でいろいろやってたらおじさんをおびき出すような形になって外に出てきたのですけど、おじさんに近づくと「ンッ!!」って感じで威嚇されます。

そりゃそうでしょうね。

しかしながらどうにか農園に侵入することができました。

これで1つ目のミッション達成です。

なお、農園に入った後はおじさんに近づきさえしなければ、特に怒られることもなく見逃してくれるみたいでした。やさしいおじさん。

そんなわけで、この後もいろいろあるのですけど、ひとまず今回の動画としてはここまでです。

まとめ

というわけで、制限時間もないみたいなですし、ガチョウを適当に動かすだけでもかわいいので疲れている人にもおすすめのゲームかなと思いました。癒しです。癒し。(ガチョウがやっていることはひどいですけど)

音楽がまた優しくて穏やかで、それでいてオシャレな感じでステキなのです。

まったりと遊びたいときにどうでしょうか。

おわり。

追記

その後の感想を書きました。

Switchの「いたずらガチョウがやって来た!」をクリアしたので感想をメモ
ガァと鳴くというわけで、先日からちょっと遊んでいたSwitchの「いたずらガチョウがやって来た!」ですけど、あつ森の合間を縫って久しぶりにプレイしまして、ひとまずエンディングまでいきましたので感想をメモしたいと思います。...

コメント

タイトルとURLをコピーしました