CUTE販売やHPIのクマのぬいぐるみを追い求めている件

クマ

このブログに、たまにクマのぬいぐるみの写真を載せています。

最近はそのクマの服を作ろうとしていました。

↑の記事では複数登場しているのですが、実はクマのぬいぐるみを集めているのです。

クマの現状

で、現状はどういう感じかというとこのような状況です。

結構ギュウギュウになってきているのですが、本棚の一つの段をクマのマンションとしている状況です。
(なお、下に敷いているのは以前風邪ひいたときに編んだものです。)

今に至るまでの経緯は次の通りです。

クマの経緯

(1)ヒグマ Sサイズ

初めての出会いは北海道でした。
というのも、一時期北海道にいたことがありました。

その中で、一度は行きたいと思っていた登別温泉に行き、さらにそもそもクマに興味があったので「のぼりべつクマ牧場」にも行きました。

……で、お土産買おうと思っていたら売店で見つけたのが始まりです。
(今も公式サイトの「山麓売店」のところの写真に写っているのを見つけました)

それがこちらです。

何がいいかというと、笑顔じゃなくてムスッとした感じなのがいいんです。
ちょっと緊張しているかのような雰囲気もあるというか。
しかも最近、目の周りの毛の流れが変わってきたこともあり表情が少し変わって見えるのもいいのです。最初はもっと目がぱっちりしていたはず。

サイズ的にはSサイズということになっていますが、身長(というか座っているので座高)は約20cmで、「Sサイズ」の割には大きいです。
なお、測ったときにクマの場合耳まで身長に入るのかどうか微妙に悩みました。

なお、おそらくですがSS、S、M、L、LLサイズまであるようです。
登別にもいくつかの種類があって、お値段も考慮してSサイズになりました。

横から見るとこういう感じで、猫背というか熊背というか、背中が丸まっています。

それでいてどっしりとした安定感があります。
なお、触りすぎて胴体横の部分の毛がボソボソとしてきたのでなんとかならないかと悩んでいるところです。

なお、タグは「HPI HOKKAIDO」とありました。

これは完全に予想なのですけども、後述の理由からは現在のタグは「CUTE」になっているものが多いのではないかと思っています。

(2)ヒグマ SSサイズ

で、登別時点ではそれ以上クマを集める予定は無かったのですが、その後、同じく北海道の「昭和新山熊牧場」に行ったところ、お土産売り場で同じ顔を発見し連れ帰った次第です。

多数の同サイズのクマの中で、左手でビシッと前を指すようにしているところが特徴的だったので選びました。
SSサイズは高さ約16~17cmくらいです。

こちらもタグは「HPI」です。

(3)ツキノワグマ SSサイズ

ここまでくると、もうどんどん収集したい!けど大きいサイズはお値段もするしどうしよう、みたいな感じになってきてとりあえずタグの「HPI」とは何なのか調べてみた次第です。

すると、無事ホームページが見つかりまして、何やら新千歳空港近くのreraというアウトレットモールに直営のショップがあるとのこと。
さらに、載っていた写真を見ると、大量にうちのクマが集まっている売り場があったのでこれは行かねば、ということで向かいました。

そこで出会ったのが今度はツキノワグマです。

何といっても毛量が多いのが特徴です。胸元の月の輪が白くてフサフサしています。

ただ、タグを見ると「CUTE」そしてFOREST ANGELとのこと。

??
一体このタグは……?

となりましたが、これまた調べてみると「キュート販売」というサイトが見つかりました。
(探した当時はやけにネット上に情報が少なくて苦労した思い出があります。)

こちらは、ぬいぐるみの製造をしているメーカーとのことで、OEMも受け付けているという記載もありました。

顔や全体的な作りがHPIタグのクマと同じなので、おそらくですがHPIさんがキュート販売さんにオリジナルで製造を依頼したことがあって、うちのヒグマのタグがHPIになっているのではないかと思いました。

詳細は未確認ですが、ネットでいろいろ見た感じでは、最近のヒグマは「CUTE」と書かれたプレートみたいなのが付いているのを見かけました。
なので、タグもCUTEになってきているのかなと予想しています。
しかし少なくとも、HPIもCUTEも基本的には同じなのだろうと思います。

ひとつ謎なのは、このグレーのツキノワグマはCUTEタグですが、他で流通しているのをまだ見つけられていないということです。
もしかしたら、この時点でreraの直営ショップにしかないといった可能性もあるのですけども、今となってはreraのショップ自体がなくなっているようなのです。
ますます出会いにくい状況になっているのかもしれません。


……という感じで、このクマシリーズの状況がうっすら見えてきたわけですが、それ以来、どこへ行ってもお土産売り場では新たなクマを探すようになってしまったのでありました。
(ただし、1つの売り場では1種類までしか買わない、同種かつ同サイズのものは見送る、といった制限つきで)
以下、ざっくりご紹介です。

(4)シロクマ SSサイズ

シロクマとなると、若干犬っぽい雰囲気も感じます。

こちらのタグは「CUTE」のMARINE COLLECTIONです。

ツキノワグマは「FOREST ANGEL」ということで山系のクマでしたが、シロクマは海系のクマということでジャンルが違うようです。形は原則同じようですけども。

なお、シロクマに関しては「ポーラくん」という公式の名前がついている模様です。
レシートにも出てきたし、CUTE販売公式サイトでもそのようでした。

(5)ヒグマ Mサイズ

タグの変化などもあり、もしかしてこれ以上出会えなくなってしまうのではないかと心配になってきて、通販で迎え入れたのがこちらです。

Mサイズということで、標準的なサイズっぽく聞こえますが実際は30cmほどの高さがあって結構でかいのです。
これまたかなり毛がフサフサしていまして、それもあって宅配便で到着した際には結構険しい顔に見えたのですけども、今はすっかり落ち着いた表情になりました。

というか、こちらのMサイズに関しては口の線をよく見ると口角が上がっていまして、正面からは毛に埋もれて見えないんですけども、よく見ると実はニヤッとしているのがポイントです。

なお、予想に反してHPIタグでした。

無くなることが不安だったのですが、今もまだ購入できるようで安心しています。

(6)シロクマ Sサイズ

そしてさらにシロクマのSサイズです。
白い背景で写真撮ると同化しますね。

タグはCUTEのMARINEです。

これは予想通りですね。

(7)シロクマ バッグ入り

こちらはイレギュラーケースですが、トートバッグのようなバッグに入ったシロクマです。

蝶ネクタイ付きで、手足はかなりデフォルメされています。

タグはやはりシロクマということでCUTEのMARINEです。

(番外編)たけのこのシロクマ

最後に番外編ですが、HPIでもCUTEでもない完全に別と思われるシロクマです。

こちらも表情が比較的CUTE系に近いものがあって、好みの顔なのです。

タグ的には「JOYFUL MATES」で、

メーカーは「たけのこ」さんとのこと。

こちらも売店のいろんなぬいぐるみのタグをみるとよく見かけます。

売店のぬいぐるみのタグが気になってしょうがない

というわけで、そういうぬいぐるみ事情なのですけども、おかげさまで売店で動物のぬいぐるみを見ると、「あ、あの顔はCUTEでは?!」みたいになってタグを確認するクセが付いてしまいました。

なお、CUTE系のクマに出会いやすい場所は、経験上、「クマ牧場」「空港」「道の駅」「水族館」です。
ただし水族館ではヒグマなど山系とは出会っていません。
あとツキノワグマには全く出会えていないのでレア感がすごい。

まとめ

というわけで、私のクマ事情でした。

なお、LサイズやLLサイズらしきヒグマも見かけたことがあるのですが、その大きさとお値段の都合で買えませんでした。
次出会ったらその時はいよいよだと思っています。

おわり。

コメント

  1. リョコ より:

    クマのマンション、いいですね~
    私も可愛がっているクマのぬいぐるみがいるので、今回のブログにもとても癒されました!

    • prinkumaprinkuma より:

      あっ、クマさんいらっしゃいますか!
      いいですよね~
      結構個性が出ますよね~

タイトルとURLをコピーしました