サバイバルシートでマジックミラーが作れる勢い

続報です

この間、障子にアルミホイル貼りましたけどその続きです。 

障子が明るくて眠れないので対策を模索した件 完結?編
前回までのあらすじ和室の障子が明るすぎて眠りが浅くなるので部屋を暗くしたい。しかしながら、前住んでいた部屋での突っ張り棒で遮光カーテン取り付ける案が、今回の部屋ではできそうにないので別の案を模索しているところです。...

明るくて眠れなかったので部屋を暗くしたかったという主目的はほぼ達成したものの、まだ完結していなかったし、弊害(?)もあったし、ということでして……。 

障子にアルミホイルを貼ったことによる弊害について
アルミ部屋というわけで、アルミホイルを寝室に貼りまして半月ほど経ちました。何やってんのかというと、別に外からくる何らかの脅威に対して防御しているわけではなくて、朝日がまぶしくて朝起きちゃうので部屋を暗くしたいってい...

その後何が起きたのかというと

貼り方が適当だったので少々たるんでまいりました。

引き戸なので、ぴったりと貼り付けられていないと障子の開け閉めをしたときにもう片方の障子に引っかかって一気に崩壊する恐れがある。

わずかな気のゆるみが大事故を生むということの好例である。

で、隙間とかをもうちょっとちゃんとテープで貼ればたるみは起きなくなると思うんですけど、最初からずっと思っていたけど障子にアルミホイル貼っている状況って見た目が良くないし、意味がよくわからないんですね。

なのでせめてもうちょっと綺麗に対策できないかと思っていました。

見た目がよろしくない原因の一つとして、アルミホイルの幅に限界があるので1枚の障子に4列のアルミホイルを結合してやっているというものがあるのではないかと思いました。

でっかいアルミホイルがあれば。

それっぽいのを見つけました。

その名は。

サバイバルシートと言います。

あの、銀色のシートで、災害時などにくるまるとあったかくてなんとかなるらしいシートです。

正直自分ではまだ使ったことがないのでその力のほどは皆目見当もつきませんが、とにかくあれってアルミホイルの親玉みたいなものではないかと思いまして。

で、Amazonにもいろいろ売っていて、思っていたより安い。

ただ、だいたいマーケットプレイスの商品らしく、たくさんの出品者があってレビューを見るとハズレ商品の場合もあるらしい。

サバイバルシート(防寒・保温シート)5枚パック

サバイバルシート(防寒・保温シート)5枚パック

  • 出版社/メーカー: 三ツ星通商
  • メディア: その他

恐る恐る頼んでみましたが、安かった「いろいろハウス」さんからはちゃんとしたのが届いたようです。

比較対象となる他のサバイバルシートがないのでなんとも言えませんが、思っていたよりパッケージもちゃんとしている感じです。

サバイバルシートとは。

銀色でした。折りたたまれています。

で、これがまた鏡のような輝きで自分がよく写りこんでしまうんで写真も自然に部分的なものとなってしまうんですけど、

とにかく光をよく反射しているようなので期待が持てる。

これなら太陽だって大丈夫でしょう。

ということで、部屋の照明に透かしてみました。

すげぇ。バッチリ見える。

これ、サバイバルシート越しなんだぜ。

一般的なサバイバルシートはどうかよくわかりませんが、このシートは明るいほうから暗いほうは見えないが暗いほうから明るいほうを見るとバッチリ見えるという、ガラスに貼ったらマジックミラーが作れそうな雰囲気である。

これでいけるのか。

実は障子1枚分だけアルミホイルをはがしてしまったのでもうやるしかない。

とりあえず障子に貼って朝を迎える

朝になりました。

うむ。

よく透けていますね。

シートのサイズの都合上、右側は2枚重ねにしたんですけどそれでもまだ障子の枠が見える。

で、明るさはどうかというと微妙な明るさ。

まぶしいわけではなく、意外にも遮光効果は少しはあるようでして、比較してみると次の写真のように、左:アルミホイル、中:無防備、右:サバイバルシートで、そこそこ遮ることができているようにも見える。

さらに、左:障子のみ、右:サバイバルシートということで、やはり一定の効果はある模様。

しかしながら、結局私が目覚める程度に明るいのでこのサバイバルシートで光を遮るプロジェクトは失敗となりました。

まとめ

障子に貼るならアルミホイルにしよう。

なお、翌日の早朝。

パァンという音とともにサバイバルシートが外れました。

どうも、障子とサバイバルシートの間の空気が温められて膨張した結果テープが外れたようです。

アルミホイルは隙間があったから空気が抜けて、こういうことがなかったんだなぁと思いました。(たるんだけど)

ありがとう。アルミホイル。

おわり。

首吊り気球 (ハロウィン少女コミック館)

首吊り気球 (ハロウィン少女コミック館)

  • 作者: 伊藤潤二
  • 出版社/メーカー: 朝日ソノラマ
  • 発売日: 1994/08
  • メディア: コミック
雑記
prinkuma

インドア派のprinkuma(プリンクマ)です。
何かありましたら、記事下のコメント欄またはtwitter(@mo3ore)へDMをお願いします。

prinkumaをフォローする
模索する俺たち

コメント

タイトルとURLをコピーしました