ビットコインの買い方間違えた気がするし持っているとドキドキするので全部売った件

先日買った件

この前、仮想通貨の技術が気になってビットコインを買ってみました。

そのとき、2パータンの買い方をしてみたわけですが、一つ目は約10万円分一気に買ってみるパターン。もう一つは毎日0.0001ビットコイン(今、だいたい400~500円くらいを行ったり来たりしている)ずつ買って積み立ててみるパターンです。

それで2週間ほどやったところで「あれ?」って思ってきたのですけど、後者の積み立て方って実はなんかあまり意味ないことしているんじゃない?って気がしてきました。

積み立ての検証

というわけでちょっとシミュレーションしてみました。

ランダムで30日間ゆるやかに価格が上昇すると仮定します。

ここで気を付けたいのが、購入価格と売却価格は差があるということ。
買った直後に売るとそこに手数料的な差があるので損します。今回は仮に20円と仮定。

こんな感じで上がるという想定です。

で、1日1つずつ(今回は0.0001ビットコイン)買うと、どうなるかというと……。

当たり前ですが、30日経ったときには30日間の平均の価格で買ったということになるはずです。

お金もうけを目的とするならば、安いときに買って持っておいて、高いときに売るのが理想なわけですが、金額が上昇する最中にも買い続けるので購入価格の平均が上がっていき、利益につながりにくいのでは……?と思ってきたのです。

たぶん本当は、もっと資金を用意しておいて○○円まで帰るだけ買うってやったほうがいいはずです。
これがおそらくうわさに聞いたことがあるドルコスト平均法とかいうやつだと思うのですけども、仮に1,000円ずつ買うルールにすれば、安いときには2つずつ買えるので最後高くなったときに売ると利益が大きくなるはずです。

というわけで、ざっくり30日間続けて最終日に全部売るとどうなるかとやってみたところ、やっぱり何円分買う、といったドルコスト平均法の方が6%多くなりました。(あくまでも今回のケースでは)

というわけで、どうも私の買い方(積み立て方)は間違っていたな……と思った次第です。

じゃあ、10,000円あるいは100,000円ずつ買うともっと効果が出るのでは?と思いましたけど、今回は微妙に1,000円パターンが一番良かった模様。

この辺むずかしいですね。

っていうか、そもそも今回は30日間で価格が上昇することを仮定しましたけど、そうはうまくいかないわけで……。

そして、私はやめた

そんなわけで、難しいなぁと思いましたし、私が買った直後から世界の情勢が急に悪くなって先行きがよくわからなくなってきて怖かったので、プラスのうちにやめました。全部売却です。

もうなんか世界のニュース見ているだけで気がかりなのに、それに加えてビットコインの値動きまで気になっちゃって疲れることに気付いたのです……。
私には向いていない世界だと思いました。

パターン1:一気に10万円買った方

こちらは口座開設キャンペーンでもらった2,000円も含めて、8,200円プラスになりました。
怖くなってやめたわりにはうれしいフィニッシュ。

パターン2:積み立てしていた方

こちらは口座開設キャンペーンで1,500円分のXRP(リップル?)ももらえて、それが1,700円になっていた時に全部売ったのですけど円としては3,000円のプラスになりました。
こっちもなんだかんだで良かったです。

この微妙に残った0.881187XRP(現在79円分)が、売買単位が1XRPから、ってなっているために円に替えられないのが気がかりですけども。

まとめ

というわけで、約1か月で1万円ほど増えてうれしいと言えばうれしいのですけども妙に疲れました。
もしかしたら今後目いっぱい値上がりして「あのとき売らなければ……!」ってなることもあるかもしれませんけど、そこまで心が持ちそうにないので終わりにしたいと思います。減らなかっただけで御の字ですね。

1年後の確定申告では、税額にするとわずかだと思いますが、利益を申告することになるのではないかと思うので気を付けたいと思います。

おわり。

プログラミング・ビットコイン ―ゼロからビットコインをプログラムする方法
「とにかく、自分で書いてみないと。テクノロジーを理解するには、自分にとって役立つものを実際に作ってみるのが一番です。ブロックチェーンのアプリケーションに関しても、ブロックを基礎から自分でプログラミングしない限り、誇大な宣伝と、実際にできることとの違いが見抜けるようにはならないでしょう」 ―SF作家 ケン・リュウ「本書に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました