家のネット回線をADSLから光に変えた件

ADSLサービス終了!

私、引っ越し前からの家に引き続き、今の家ではADSLでインターネッツの世界にコネクトしているわけですけども、ついにこういったお便りが届いてしまいました。

「ADSLサービスの終了に関するお知らせ」

メールでも同じ内容が届いたわけですけども、BIGLOBEでは2021年7月31日でADSLはサービス終了だそうです。

あと2~3年は行けると思っていたのですけども、もうここまでですね……。

で、インターネットが無いと私は生きるのがつらいので代わりの回線を使わねばなりません。

ではどういった回線にすれば良いかということですが、初めは機械を置くだけでよくて工事がいらないWiMAXにしようかと思ったのですけども、3日間で10GB使うと翌日が低速になるというルールがありまして、私の場合それに引っかかる可能性が高そうなので見送りました。

となると、もう光回線を引かなきゃいけないという結論になりました。工事を避けることはできませんでした。工事は、工事費がかかったりするし、立ち合いもちょっと面倒なのですよね。
(注:今回はキャンペーンで工事費はかからなかったみたいです)

早速やっちゃう

ADSLのサービス終了は6か月先のようですが、直前で切り替えようとしてネットが無い期間ができてしまったり、うまくつながらなかったりしたら悲しいので即申し込みました。
これから引っ越しシーズンがあって工事も混みあいそうな気もしますし……。

なお、光回線もいろんなプロバイダなどがあって料金もいろいろで選ぶのが大変なので、あまり考えず今までのADSLと同様にBIGLOBEで継続することにしました。(BIGLOBE光)
ADSLからの変更で適用される割引キャンペーンもあったのでこれでいいかなと思った次第です。

光回線の工事

そんなわけで申し込んでみたら工事は10日後になりました。
下手したら月単位でかかるかと思いましたがそうでもなかったです。

光回線の工事の種類(つなぎかた)としては、集合住宅だと3つくらいのパターンがあるらしいです。
 ①部屋に光ケーブルが来る「光配線方式」
 ②部屋の電話のモジュラージャックでつなげる「VDSL方式」
 ③部屋のLANの差し込み口でつなげる「LAN配線方式」

うちの建物の場合はVDSL方式になっていて、既に部屋にあるモジュラージャックを使う方式での工事になりました。
電話回線用の線をそのまま使えるので、工事と言っても穴開けたりはしないのは安心しました(というか入居時にそういう説明を受けていました)が、ネット見ると「光配線方式は速いけど、VDSL方式は遅い」みたいなのが良く書いてあるのですよね……。

うーん、遅いのだろうか……。

ちなみに、私は前の前の家で光配線方式の光回線使ったのですが、それですらだいたい3Mbpsとかしか出なかったのであまり光を信用できていないのです。
(他の人に聞いたら、1Mbpsしか出ないみたいな人もいまして)

光と言えば、最高で1Gbps出て、それを建物内で分け合うという仕組みだというのはわかっているのですけども、20~30Mbpsは出ると思っていたのに……。
300戸あるとかならわかりますけど、そんなでっかい建物じゃないというのに……!

なお、今現在の家のADSLは10Mbpsくらい出ていて満足していました。

いざ接続

そんなこんなで不安な日々を過ごしていましたが、いよいよ工事の日になりました。

当日は工事の人が来て何かやって1時間くらいで終了しました。
何やってるかまったくわかりませんけど、わざわざ私のために家にきて作業してもらうとなんかこう救世主のように見えます。

で、その工事の終了後にさっそく無線ルータをつないでの通信速度を確かめてみると、光工事前のADSLではこのとおり約10Mbpsでしたが、

工事後はなんと64Mbpsになりました!

個人的には10Mbpsで全く困っていなかったので、それより下がらなかったことでとても嬉しかったですし、思っていたより高速になったので文句など全くなしの結果となりました。

なお、後で測りなおすともっと早くなりました。

この時、別のサービスで計測すると97Mbpsが出たので、おそらくVDSL方式の最大の100Mbpsに達していたのではないかと思います。

その後も何度か測ってみて40~90Mbpsくらいの範囲だったので、どうやら他の人の使いっぷりで変動しているようですけど、こんなにあればいつでも十分な速度でした。よかった~。

というわけで、私にとしてはVDSL方式も十分早い!というのが結論です。
もちろん使い方によるので、オンラインゲームとかをバリバリやる方だと速度が必要な場合もあるかと思いますけど、私の場合は単純にVDSL方式だからと言って悲観することでもないなと思いました。

あと、無線LANより有線LANの方が早いというのもありますけど、この速度を見るとそれも影響なさそうでした。
どうも私の部屋には他の部屋のWi-Fiがあまり飛んでこないみたいで、混線とかもなさそうです。
ここの住人、インターネットどうしているんだ。

なお、インターネットを使っていて10Mbpsからの速度アップを実感できたことと言えば、YouTubeへの動画アップロードが爆速になったこと(YouTubeを見る分には違いがわからず)と、Switchでゲーム遊ぼうとしたらアップデートしなきゃいけなかった時のダウンロードの待ち時間が激減したことの2つです。
……逆にいうと、それくらいなので10Mbpsでも別にいい、という感じではあります。

ちなみにADSLのときは固定電話を付けてもお値段がほぼかわらなかったので、固定電話も置いていたのですけど、光回線での料金アップもあり固定電話をやめました。(休止扱い)
ずっと固定電話つけていましたけど、振り返ってみるとあっても使わないんですよね……。
そういう時代になりました。

モデムのスタンドが外れない問題

ところで、今まで使ってきたADSLモデム(ルーター)はレンタルなので返却しなくちゃいけません。
手元にあるのは、前の家のときからのお付き合いのNEC Aterm WD701CVというやつです。

返却に備えて届いたときの箱はとっておいてあるのですけども、問題はこの縦置きスタンド(脚)です。

これがどうも取れないんですよね!!

どうにか外さないと、箱に収まらないんです。
それなのにツメとかを外すところも見当たらないし、びくともしない感じです。

説明書を見ても、取り付けるときははめ込むだけの手順ですし、取り方は書いていない……。

思いっきりを力をこめると割れてしまいそう。

そんなわけで長時間格闘しましたが、試行錯誤の末、ついに攻略方法が分かったので書いておきます。
(たぶんもう2度と使わないTipsとなることでしょう)

やり方としては、裏返して、スタンドの内側、かつ外側からちょっと入ったあたりに指をかけ、持ち上げるようにしつつ下の図の矢印の方向に力をいれる感じです。

あきらめなければ、夢はかなう!!

まとめ

というわけで、恐る恐るでしたが光回線に変えて今回は良かったという日記でした。

光回線の速度ってホント運ゲーなところありますね。
以前の家での光で3Mbpsってなんだったんでしょうね……マジで。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました