REIGNSとルートレターをちょっと遊んだ件

お元気ですか

私はまあまあ元気な今日この頃だったのですけども、やっとこさワクチン3回目行ってきたところでしてちょっと元気ないです。

腕痛いのと全身筋肉通のようなだるさのようなのがあるのと、なんか右側だけ頭痛みたいな感じです。

でも打った翌日は休日で、動かなきゃ大丈夫なので、横になってゲームしました。

その日記です。

REIGNSに再挑戦

以前、REIGNSというゲームを買いました。

このゲームは買ったはいいもののなかなか難しくてまだクリアしていなかったので、ぜひエンディングまでいきたいなと思っていました。

ひたすら2択の質問に答えながら国を統治していくという内容なので、難しいのですけども、逆にいうと操作が簡単かつ気軽にゲームオーバーになれるというのがちょっと遊ぶのにはいい感じだなと思いなおしたところです。

改めていろいろやっていたところ、なんかちょっとストーリーが進み始めたなというところに来ました……。

王の死により次の王が即位して今度はその王を操作する……と言う流れです。
プレイヤーがその意識を持ったまま延々とやっていくこと自体が呪いになっていて、いかに呪いを解くことができるか、というのがメインのお話らしいのですが……。

結局ダメでしたね。

で、上記画像で「もう一度初めから挑戦!」って出るんですけども初めからのやり方がわからないという根本的な問題にハマり込んでしまいました。

Switch本体の設定画面からセーブデータの消す方法以外のやり方がわからない。

そんなわけで、2533年までやったのですけどもまたあきらめました。むずい。

ルートレター Last Answer

あと、もう1個、ルートレターというゲームをやってみました。

先日セールでめちゃくちゃ安かったので買っておいたのです。

あまりゲームの内容は知らないのですけども、手紙の書き方でストーリーが変わっていくというシステムだとかなんとか……。

とりあえずやってみよう、ということでスタートすると主人公の名前入力画面が出てきました。

デフォルトで入っていたのが「貴之」で、なるほどそういう目線のゲームかとわかってきた次第です。

いきなり島根へ行くというなかなかの行動力です。

ゲーム的にはコマンド選択で進むアドベンチャーゲームっぽい感じでした。

私が唯一事前に知っていた、手紙の内容を選択していくというシステムももちろん出てきました。
最初の手紙では選択肢2回の組み合わせで文章が作られたので、パターンが多そうな感じがします。

……で、

へぇー、こういうギャルゲー風味な感じ……?

と思っていたらこれですよ。

重い話かもしれません。

そんな感じですが、私は器が小さいもので、貴之が通りすがりの郵便屋さんに質問をするときの「あの、ちょっといいかな」という言い方に「主人公、軽ッ!」と思ってしまい、これは感情移入しにくいなと感じた次第です。

実写じゃなかったらスッと入ったのですけども、実写ということでリアルな感じで考えてしまいました。
もうちょい物静かな人かなと思っていたのでギャップによるダメージがでかい。

きちんとお礼を言う人ではあるのですけども、軽い。

まとめ

というわけで、何もゲーム進んでいないのですけども、ちょっとしんどくなってきたのでひとまずおしまい。腕だるい。

健康でゆとりがあるときにたくさんゲームしたいものです。

おわり。

Reigns: Kings & Queens|オンラインコード版
Reigns: Kings & Queens|オンラインコード版
√Letter ルートレター Last Answer -Switch
√Letter ルートレター Last Answer -Switch

コメント

タイトルとURLをコピーしました